マイルで行こう!

ANA・JAL・Aviosマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行い、旅行やホテル巡り、クレジットカードなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

スポンサーリンク

リッツ・カールトン北京ファイナンシャルストリートのクラブ・ラウンジレポート

f:id:Solarismile:20190514225435j:plain

リッツ・カールトン北京ファイナンシャルストリートの
クラブ・ラウンジを訪問。

Lunch、AfternoonTea、Hors d'oeuvres and Cocktailsと
3つの時間を楽しませていただきました。

目次

Lunch&Afternoon Tea

f:id:Solarismile:20190514225457j:plain

アフタヌーンティーが始まる14h30に訪問。
昼食をまだ食べていなかったので、12h00~14h00で行っていた
「Light Lunch」の残りをいただきました。

f:id:Solarismile:20190514225508j:plain

f:id:Solarismile:20190514225517j:plain

f:id:Solarismile:20190514225528j:plain

f:id:Solarismile:20190514225556j:plain

これまで、ラウンジを有するホテルのチェックインは、
大体14h00ごろでしたので軽食ですが昼食をラウンジでいただくのは
リッツが初めてとなりました。

f:id:Solarismile:20190514225614j:plain

続けてAfternoon Teaの「マカロンとデザート」をいただきます。
リッツ・カールトンのマカロンはピエール・エルメでしたか?
これどこで聞いた話だろう…アマンかしら?

いずれにせよ、大変おいしくいただけました。
紅茶がよく合いますね。

f:id:Solarismile:20190514225547j:plain

他にも様々なデザートがあり目を奪われます。

Hors d'oeuvres and Cocktails

f:id:Solarismile:20190514225721j:plain

17h00pm - 20h00pm、夕食もクラブ・ラウンジで堪能させていただきます。

f:id:Solarismile:20190514225801j:plain

夜になると雰囲気が変わります。

f:id:Solarismile:20190514225812j:plain

ここでも服装は特に気にしなくてもよさそうです。
欧米の方々は皆、カジュアルな服装で着ています。

f:id:Solarismile:20190514225827j:plain

f:id:Solarismile:20190514225855j:plain

f:id:Solarismile:20190514225906j:plain

f:id:Solarismile:20190514225920j:plain

それほどの混雑もなく、居心地も非常に良いです。
ポップな音楽がかかっておりゆったりと楽しむことができます。

f:id:Solarismile:20190514225933j:plain

料理はペンネがおいしくいただけました。
中国にきて、「ペンネがおいしい」というのも
おかしな話かもしれませんね。

f:id:Solarismile:20190514225943j:plain

アルコールはこれまで宿泊したどのホテルよりも種類が多く
マーテルまでおいてありました。
シーバスもワンランク上のもの。

中国・東南アジアのラウンジでは中々シャンパンを見ることはありません。

f:id:Solarismile:20190514225843j:plain

タイムライン的には20h00 - 22h00は
Desserts and Cordials を楽しむことができます。

f:id:Solarismile:20190514230035j:plain

簡単なおつまみとアルコールで宵のひと時を楽しみます。

Breakfast

f:id:Solarismile:20190514230127j:plain

クラブ・ラウンジのマネージャの方が私を見つけて挨拶に来てくれました。
言葉は通じませんが、気持ちはいただきました。

LunchやDinnerよりもBreakfastは品数のバリエーションが多く
朝から食欲を掻き立ててくれます。

f:id:Solarismile:20190514230138j:plain

f:id:Solarismile:20190514230148j:plain

f:id:Solarismile:20190514230155j:plain

f:id:Solarismile:20190514230202j:plain

f:id:Solarismile:20190514230209j:plain

f:id:Solarismile:20190514230217j:plain

f:id:Solarismile:20190514230229j:plain

f:id:Solarismile:20190514230247j:plain

牛乳はこういった瓶に入っているとおいしそうに見えてしまいます。

カプチーノを頼んだところ「ストロング」or「ノーマル」と聞かれました
よくわからなかったのでノーマルを頼んでみました。

f:id:Solarismile:20190514230258j:plain

「ノーマル」はこんな感じでした。
こう言った勉強も必要ですね。

f:id:Solarismile:20190514230309j:plain

いつも欲張りすぎですね。
サラダ・アメリカンブレックファスト系。
ついでに天心もいただきました。

朝食は6h30~11h00までと長くやっていますので、少し寝坊しても
問題なさそうですね。

まとめ

f:id:Solarismile:20190514230327j:plain

Break fast 06h30am - 11h00am
Light Lunch 12h00am - 14h00am
Afternoon Tea 14h30pm - 16h30pm
Hors d'oeuvres and Cocktails 17h00pm - 20h00pm
Desserts and Cordials 20h00pm - 22h00pm

中国、地名、お勧め料理。検索によっては地域の有名店か
ホテルのレストランが、ほぼHITします。

クラブ・ラウンジは時間を有効に使うのに最適な場所です。
食事も周辺のお店に入るよりも高い品質の食事を提供してくれます。
足を使わずにそれなりの食事ができるのは良いと思います。

クラブ・ラウンジはアクセス権のある部屋またはプランで無いと
利用ができません。クラブ・ラウンジが使えるときはできるだけ
レストランではなく、ラウンジを利用します。

これからも安く、いいホテル、いい部屋に宿泊していきたいと思います。