マイルで行こう!

ANA・JAL・Aviosマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行い、旅行やホテル巡り、クレジットカードなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

スポンサーリンク

おすすめ!スーツケースの選び方!

f:id:Solarismile:20190310214250j:plain

スーツケースは「消耗品?」or「ファッション?」

旅行シーズン到来に先駆け、スーツケースも選びも
忙しくなってくる頃でしょうか。

毎日スーツケースを見ていますので、
自分なりの考察を書いてみたいと思います。

目次

スーツケースの種類(閉じる所)

f:id:Solarismile:20190310194225j:plain

大きく分けて「フレームタイプ」「ジップタイプ」に分かれます。
どちらにも弱点はあり、軽さを重視しているものは「ジップタイプ」が
起用されているケースが多いです。

f:id:Solarismile:20190310202142j:plain

鍵は【TSAロック式】のものを選びましょう。
鍵はダイヤル式で無くす必要が無く、アメリカなどへの渡航時に
抜き打ち検査があり、この形式でないと鍵を壊されるケースも。

スーツケースの種類(素材)

f:id:Solarismile:20190310194251j:plain

ポリカーボネートという軽くて耐久性が高い素材が
昨今では流行っているようです。

また、「光沢仕上げ」になっているものと「マット仕上げ」になって
いるものがあり、マットのほうが傷が目立ちにくいと言われています。
いずれにせよ、どちらもクリティカルヒットを食らってしまうと
「光沢」も「マット」も傷ついてしまいます。
「スーツケースは傷つくもの」と頭に入れて購入されるのが良いでしょう。

ソフトキャリーは手軽に利用できますが、中の物を守ることには
不向きと言えますがその分、軽さがあります。

アルミニウムタイプは頑丈で見た目もよく、中の物を守るのに
適していますが、その分重さが難点になります。

ソフトは水を吸いますが、アルミもポリカーボネートも水は吸いません。
ただソフトも、最近ではソフト用のカバーが売っていますので、
湖に放り込まない限り問題ないと思います。

スーツケースの種類(ハンドル)

f:id:Solarismile:20190310194307j:plain

T字ハンドルは軽量スーツケースに用いられていますが、
使う人の相性があるため、お店で試してみるのが良いと思います。

通常のハンドルは留めネジがしっかりしているか、
グラつきが無いかを確認しましょう。
通常の留めネジの場合緩むと外れてしまう場合があります。

中々見かけませんが、4輪の場合はハンドルにストッパーが
付いていることがあります。
電車やバスで移動の際にストッパーは便利です。

スーツケースの種類(車輪)

f:id:Solarismile:20190310200622j:plain

2輪と4輪があります。

軽いものは2輪。2輪のスーツケースは片方がストッパーになっているので
電車やバスなどで転がってしまう心配はありませんが、
水平歩行ができないため必ずスーツケースを引くことになります。

重いものは4輪。4輪のスーツケースは電車内などで手や両足でスーツケースを
はさみ、転がっていくのを防ぐ必要がありますが、
引かずに転がして運べる利点があります。

重いと引くのも大変なので転がすので4輪。軽いと引くのが楽なので2輪。

2輪が最近は減っているような気がします。

サイズと重さ

f:id:Solarismile:20190310202822j:plain

スーツケースは軽いに越したことはありません。
持ち運びもそうですが、旅行の帰りにはお土産を購入したり
留学先からテキストや書籍を詰めてきたりと、何かとかさばります。
私のように徹底してお土産は買わない、増やさない、
むしろ行く時より減っている!ぐらいの精神が無い方は
「大は小を兼ねる」で行くのが良いと思います。

・0-1泊  20リットル前後 
・1-2泊  35リットル前後 Sサイズ
・3-4泊  48リットル前後 Mサイズ
・5-7泊  70リットル前後 Lサイズ
・7泊以上 90リットル前後 LLサイズ

こんな感じの目安でいます。夏場なら余裕、冬場はキツめ。
少なめに見ていますので荷物の量が多い、冬場、パッキングに
自信が無い場合は一回り大きいものが良いと思います。

友人達からスーツケースを借りて、荷物を詰めてみるのも
よいのではないでしょうか。あとは自身の荷物の量と相談です。

早速いくつかのスーツケースをご紹介したいと思います。

3大スーツケースブランド(6万円~

スーツケースの王様と言えば、「リモワ」「グローブトロッター」
「ゼロハリバートン」の3つと言えると思います。
由縁としては、歴史・品質・知名度が背景にあります。

リモワ(ドイツ)

f:id:Solarismile:20190310203854j:plain

世界を代表するドイツのスーツケースメーカー。
120年の伝統と最高品質のスーツケース。
高額でも「やっぱりリモワが欲しい!」という方は多いはず。
最近では、モデルチェンジを行い新型のRIMOWAをよく見かけるように。
定番のアルミタイプのスーツケースは昔ながらのデザインを受け継ぎ
非常に素晴らしいのですが、重量があります。
一度ショップで持ってみるのが良いと思います。

グローブトロッター(イギリス)

f:id:Solarismile:20190310203905j:plain

1897年創業、地球を巡る(Globe trot)という
19世紀の流行語から来ています。
エリザベス女王も利用したと言われているイギリスの名ブランド。
そのデザインは女性からの支持を集めている。
ただ、革なので雨が天敵です。雨天時はビニール着装必須となります。

ゼロハリバートン(アメリカ)

f:id:Solarismile:20190310204622j:plain

1938年にアメリカで創業、航空設計エンジニアと協力し
アルミ合金を用いたアタッシュケースを製作。
アポロ11号が月の石と砂を持ち帰った際に使用されたことも有名。
ハイジャック機が爆破された後に発見されたケース、
中身の損傷は無かったぐらい屈強にできています。

優秀なスーツケースブランド(3万円~

3大ブランドより値段が低いが品質は非常に高く、
コストパフォーマンスが非常に優れているブランド。
好きな人は好き、しかしプラス3万円で3大ブランドに
手を伸ばすこともできるため、このエリアのブランドは疎らとなります。

サムソナイト(アメリカ)

f:id:Solarismile:20190310203930j:plain

3大ブランドに次いで、名前が上がる有名な老舗ブランド。
超軽量・頑丈な品質で有名な「コスモライト」があります。
空港や主要駅でよく見かけるスーツケースです。
並行輸入品であれば安価に入手することも可能なブランドです。

ロンカート(イタリア)

f:id:Solarismile:20190310203943j:plain

知る人ぞ知るイタリアの1950年創業の高級ブランド。
マイナーだが、空港などでは時折見かけます。
逆三角形のエンブレムが際立ち、珍しいデザインに目を引かれます

ACE(日本)

f:id:Solarismile:20190310203954j:plain

日本が誇る高品質スーツケースメーカー。
国内生産50年以上の実績を持つメーカーで「プロテカ」という
ハンドメイドブランドが有名。利用者を考える設計には共感が持てます。

デルセー(フランス)

f:id:Solarismile:20190310204359j:plain

1911年にレザーケースを専門に製造する企業として創業。
1965年よりハードタイプのスーツケースを発表した。
よく見かける有名なプロダクトは「モンマルトル」「シャトレ」。
「シャトレ」はおしゃれな女性が持つイメージがあります。
「モンマルトル」はよく見かける気がします。

馬鹿にできない安価で品質の高いブランド(1万円~

スーツケースは消耗品。割り切る方や旅行をハイペースにこなす方々、
行き先がアジアや都市から離れた場所が多い方々は「お手軽に買える」
「頑丈」「壊れてもいい」という購入条件が先行します。
そんな中でも、信頼から利用者も多く世界各地へ行くテレビ番組に
出演する芸能人らも利用するスーツケースをご紹介。

グリフィンランド(日本)

f:id:Solarismile:20190310204017j:plain

安価なのに品質は高く壊れにくいと定評のある
「グリフィンランド」は国産メーカ。
海外などへ旅行に行くテレビ番組などでよくタレントの方が
持っているスーツケース。安く壊れても問題ない、かつ
使いやすいというメリットがあり、カラーバリエーションも豊富。
サイズには注意が必要なのでLサイズを購入する際には要確認。

アメリカンツーリスター(アメリカ)

f:id:Solarismile:20190310204031j:plain

1933年創業の最も多くのアメリカ人が利用していると
言われているスーツケースで、最近の空港や主要駅では
「Soundbox」を利用している人をよく見かけます。

イノベーター(スウェーデン)

f:id:Solarismile:20190310204827j:plain

1969年からの歴史がありますが、初めは家具のブランドとして創業。
シンプルかつ合理的なデザインというコンセプトが現代の製品にも
活かされています。ブルーに黄色のクロスがひと際目立つスーツケースは
一度は見たことがあるのではないでしょうか。

自分の装備

f:id:Solarismile:20190310214838j:plain

・7日用に並行輸入品で購入したサムソサイト
・5日用(夏場は7日)で購入したSOLO-TOURISTのソフトキャリー
・2-3日用に購入した、機内持ち込み可能な新型RIMOWAのエッセンシャルキャビンS

一週間用のサムソナイトは壊れてもいいように並行輸入品で安く購入。

ソロツーリストのソフトキャリーは、リュックにもなって
イタリアのように石畳が多い場所でも活躍します。

RIMOWAは大事に使いたいので、手荷物預かりをせずに機内持ち込みが
できるサイズを選択しました。

まとめ

f:id:Solarismile:20190310205829j:plain

大体これらの中から選んでおけば間違いは無いと思います。
しかし、結局のところ趣味嗜好は個人ごとに異なりますので
気に入ったものがあれば、自分好みのものを使うのが良いと思います。
最初に使っていた1-2泊用のキャリーケースは無名ブランドで
安価でしたが非常に使い勝手がよくお気に入りで長年使えました。

おまけ

f:id:Solarismile:20190310205555j:plain

最近のCAさんたちは、細長い飛行機のマークがついたタグを
よくつけていますが流行っているのでしょうか。

20代の若手CAさんは会社支給品(レンタル)が多いようです。
会社支給品のスーツケースはデルセーに似たものが多い気がします。
30代のCAさんたちは、お給料も入ってくるようになるのか
RIMOWAを引いている人も多く見かけ、プラス「ロンシャン」の装備。

スーツケースも個性が出るので、自分に合ったスーツケースに会えるといいですね。