マイルで行こう!

ANA・JALマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行いつつ、小旅行やホテル巡り、クレジットカードやカメラなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

ラグジュアリーカード(Titanium Card)コンシェルジュを利用して勉強させていただきました

f:id:Solarismile:20190126231510j:plain

コンシェルジュというものに不慣れな庶民の私が、
色々と相談させていただく機会を得ましたで体験をまとめました。
ラグジュアリーカードTitanium Cardで利用できるコンシェルジュです。

結果を隠すことなくそのまま書いていますので、不快な思いをされる事もあると思いますがご了承ください。

ラグジュアリーコンシェルジュの特徴

f:id:Solarismile:20190126231611j:plain

・名前と生年月日だけで本人確認ができて大変楽です。
 機械音声での案内やカード番号の伝達なども不要です。

・私のやり取りに関しては、大体電話で連絡し回答や結果はメールで
 来るケースが多いです。
 もちろん要望次第なので電話で返してもらうことも可能です。
 
・また状況を問わず、24hメールでの依頼ができる点は非常に便利だと感じました。
 これが最大の【ウリ】と言っても過言ではないと思います。

 そう思っていた矢先、2018年12月1日(土)0:00AMより
 Titanium Card利用者はメールでの依頼ができなくなり大変残念です。

コンシェルジュ利用ケースごとの体験談

f:id:Solarismile:20190126232057j:plain

□海外ホテルの予約その1 評価:×
ホテルの予約には、コンシェルジュ(企業)の顔が効くホテルと
効かないホテルがあることを電話口で学びました。

ホテルと直通のコネクションを持っているか否かが重要で
所持しているホテルは柔軟な対応が可能で予約もスムーズにいきます。
しかし、直通のコネクションが無いホテルは、自分で予約するのと何も変わりません。「ご自身で予約されても変わりませんが」と実際に言われてしまいました。

悪気は無いと思うのですが、それが手間だからお願いしたつもりでした。
応対も微妙だったのでこちらのコンシェルジュからの予約は辞退しました。


□ホテルの予約その2 評価:×
未来の予約に関しては、本体やトリップアドバイザーや
Booking.comなどよりも【遅く予約】の開始が始まる所が多いようです。
「前述」に類似しますが、ホテル会員などはベネフィット対象外であれば
自分で予約した方が早く、確実に予約ができます。

また、ラグジュアリーカードホテルプログラム【VIP&ホテルトラベルプログラム】の冊子にあるホテルで、そこに記載されているベネフィットが確実に受けられるわけではないという衝撃の事実を知ることになりました。
これは、受けられないサービスを書いていて詐欺にならないのか疑問です。条件を書くないし、確実にコンシェルジュが注意喚起を行うなど対応は必須でしょう。

f:id:Solarismile:20190126232223j:plain
例えば、ロンドンのICパークレーンでは宿泊でクラブインターコンチネンタルの利用が可能と書いてありますが、実際には不可能です。
予約する際には必ずコンシェルジュを通してベネフィットの適用を
確認されたほうが良いと思います。特典が受けられないので特にコンシェルジュから経由せずIHGから予約するのと変わらないので予約をしませんでした。


□ホテルのミドルクラスのレストラン 評価:△
グルメサイトからの予約だと20h以降でないと予約ができなかったのですが
ラグジュアリーコンシェルジュ経由では19hから抑えてくれたり、
部屋の料金等不明確なものまで確認してバジェットを出してくれました。
また仮押さえなど気を利かせてくれました。
ただ、コンシェルジュからは「あと1席で満席」と聞いたため、
慌てて予約をしたのですが、実際、当日にお店に行ったら私の組しかおらず、
指定席も全て空いており他の店内の客も少なく非常に困惑しました。


□とあるフレンチカフェの予約 評価:〇
あまりカフェでは夜の予約はやらないそうですが
そこそこ有名なお店を条件付きとなりましたが予約してもらうことができました。
予約完了のまとめのメール通知に記載されている予約日時が
間違っておりこちらから指摘した点を除けば良い対応だったと思います。


□オーケストラコンサートの予約 評価:△
何事も問題なくスムーズに予約ができました。
しかし、予約完了のメールには謎の文章が。
「〇〇様のお食事の席がすばらしいものとなりますよう。」
このテンプレート利用、コピペミスの辺りにはコンシェルジュの質の低さを感じます。


□ミュージカル等のチケット手配 評価:×
ラグジュアリーカードはアメックスとは異なり、チケットセンターとの
加盟店・提携が無いそうです。
「チケットぴあ」や「公式サイト」で確認できる範囲でしか探してもらえません。
カード会社で抑えている優待座席のようなものも無ければ
ベネフィットも別段なく埋まっていれば埋まっていますと言われてしまいます。
代行も行っていないので最終的には自分で購入する方法になります。


□映画の予約 評価:×
窓口が変わり、時間の制約(24hではなかったり日曜は受付外)
となり非常に使いづらくなりました。
また、最後は数量限定のエントリー式キャンペーンになり
使いたいときに使えなくなりました。

まとめ

f:id:Solarismile:20190126231643j:plain

いろいろな噂やブログ、ニュース・動画などをみて
その恩恵にあやかりたいと思っていましたが、トータル的な評価としては
記載のような結果となりました。

ホテルに関しては、レギュレーションが定まっておらず曖昧。レストラン系に関しては仕事としては粗が目立つ対応。そのほかは企業の力及ばず・・・という印象になりました。

カード会社の肩を持つつもりはありませんが、こういった細かい要望などはそもそも重要視していないのかもしれません。大きな顧客から大きな案件をこなせればよいのかもしれません。

当たり前ですが、”できることと、できないことがある”を理解した前提で利用させていただきました。

私が体験したラグジュアリーカードTitanium Cardのコンシェルジュの応対は、
満足とはいかない結果となりました。
ブラックやゴールドでこそ、よい応対をしていただけるのかもしれません。

コンシェルジュの引きが毎回たまたま悪かったのかもしれませんが
それでは使いたいときに使えません。

年間のカード利用額やカードグレードによってオペレーションや
コンシェルジュの質が大きく変わるのかもしれませんがブラックすら所持していなかったり、言うほど利用できていないのでこの点は不明です。

コンシェルジュ機能を利用するうえで押さえておきたいポイント

①利用者の謙虚さは前提として
②コンシェルジュその人の質(対応力)は重要
③コンシェルジュが探れる懐(カード会社の提携等社会への影響力)は必須

今回の利用で色々分かりましたが、
①と②には限界があり、③はカード会社の力そのものです。
旅行やレストラン手配やチケット手配ができるルートを持っているかどうかが
非常に重要となり、海外に拠点があるなしでもこの対応は変わってくると思います。

そういった意味でも、ラグジュアリーカードはこれからなのかもしれません。

アメックスのコンシェルジュが強いのはやはり企業経験値の積み重ねかと思います。
今後はアメプラのコンシェルジュに関してもいろいろと
レポートさせていただきたいと思います。