マイルで行こう!

ANA・JALマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行いつつ、小旅行やホテル巡り、クレジットカードやカメラなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

ラグジュアリーカードとシネマイレージカードの関係

f:id:Solarismile:20180517232304j:plain

ラグジュアリーカードは「チタンであれば月1回」など
カードの種類に応じてTOHOシネマズでの映画無料鑑賞が可能となります。

・ラグジュアリーカードチタン  月1回
・ラグジュアリーカードブラック 月2回
・ラグジュアリーカードゴールド 月3回

無料映画鑑賞を行うにはLuxury Card Conciergeへチケットの手配を
する必要があります。
「希望の劇場・作品・日時・座席種やエリア等」を連絡します。
流れは以下のようになります。

・Conciergeが予約を代行します。
・予約が完了の際に、予約番号がメールで通知されます。
・当日映画館に設置のチケット発券機にて、予約時に登録した
 電話番号と予約番号を入力、チケットを受け取ります。

さて、気になるTOHOシネマズですが、この映画館は2日前にならないと
チケットを予約(購入)することができません。
コンシェルジュ経由ではどうなのでしょうか・・・

f:id:Solarismile:20180616224119j:plain

結論、2日前に改めて申し込んでくれとのこと。
案件を預かってもらい、2日前になったらコンシェルジュが
予約してくれるかと思って期待していたのですが、
そう都合よくは行かないようです。

予約当日忙しくて予約をとれなさそうな人が・・・事前に
コンシェルジュに依頼をして、当日代わりに予約を
取ってもらうというのはできなさそうです。

f:id:Solarismile:20180616224230j:plain

仕切り直しで、行く予定日の2日前に再度コンシェルジュ依頼し
予約手配を行ってもらい完了。

f:id:Solarismile:20180616224239j:plain

当日映画館へ行き、チケット発券機で予約番号と電話番号を入力し発券。
同伴の方と行く場合には、無料になるのは1人分ですので、
2人の場合は一人分を購入する必要があります。

シネマイレージの特典とうまく合わせられれば
年二回は2人で無料で映画鑑賞をできる機会が生まれるということですね。
ま、ぼっちの私には無縁でございますが映画見放題です。

ちなみに3D・4D等普通の鑑賞料金より+αが必要な場合、
+αの部分は自腹になりますのでご注意ください。

シネマイレージとラグジュアリーカードの関係

f:id:Solarismile:20180616224421j:plain

ラグジュアリーカードは、上記で記載したようにTOHOシネマズにおいて、

カードの種類により特定回数の映画無料鑑賞が可能となります。

これに合わせる形で、TOHOシネマズが発行している
「シネマイレージ(6回見ると1回無料等)」を組み合わせることが可能です。
どういうことかと言うとラグジュアリーカード(チタン)の特典で
・毎月1本映画を無料で見ることが出来ます。
・シネマイレージ特典は6本映画を見ると1本無料で映画が見れます。

つまりラグジュアリーカードの特典で6か月間映画を観て、
その観た分をシネマイレージにポイント登録すると、
シネマイレージ特典(6回見ると1回無料等)が適用され、事実上更に1本無料に
チタンカードの場合、年12回見れるので+シネマイレージ特典として2回無料で
映画を見ることができるということですね。
前回のクレジットカード記事にて解約候補に入っていたので慌てて見直しました。
この合わせ技は、是非活用していきたいと思います。

f:id:Solarismile:20180616224301j:plain
また、シネマイレージは「クレジット機能付き」と「クレジット機能なし」が
ありますが、実は「クレジット機能付き」のほうがお得です。

クレジット機能なしは、「年会費更新料が300円」かかります。
クレジット機能ありは、少額でも年1回ショッピング又はキャッシングの利用があれば
「次年度年会費は無料」となります。
年一回の利用ですから、例えば当日劇場で1杯280円のドリンクSサイズ等をシネマイレージ(クレジット機能付き)で購入すれば、年会費は無料になります。
1年に一度も映画に行かない方はコンビニで100円などの決済で利用すれば
年会費更新料はかからないことになります。
こちらも併せてお勧めです。

TOHOシネマズでの映画無料鑑賞で年会費削減!?

f:id:Solarismile:20180616224421j:plain
大体1回あたりの大人映画鑑賞料金は1,500円。
毎月なので年12回としても年間で18,000円分はリクープしています。

チタンカードの税込み年会費は54,000円。
映画代を控除すれば、実質年会費は36,000円ということに。
他にもプライオリティパスやVIP HOTEL待遇での恩恵や
空港ラウンジ(TIAT LOUNGE ANNEX)の利用等でペイまで
持って行きたいところです。

ステータス代(プラパスの基本料金等)、ということであれば
ペイは余裕だと思いますが、私の場合それの足し算ではなく
実際に利用した頻度や回数により、いくら体感還元できるかで
ペイするかどうかを見ています。

色々な待遇を受けられる状態でも、結局使わなければ
待遇も意味が無いということです。
これはクレカの特典と年会費を考える上で重要なことだと思っています。

アメックスプラチナ等もいい例だと思いますが、
お金持ちの皆さんはこんなことは考えないのでしょうね。
羨ましい限りです。

 

余談ですが…

f:id:Solarismile:20180616224652j:plain

日本橋TOHOシネマズの近くには言わずと知れたマンダリンがそびえ立ちます。
いつかラグジュアリーカードの特典で宿泊してみたいものです。
さて、今月は何の映画を見に行くべきか・・・