マイルで行こう!

ANA・JALマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行いつつ、小旅行やホテル巡り、クレジットカードやカメラなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション宿泊レポート!女性にお勧め!?上品なホテルで過ごす週末

f:id:Solarismile:20180508214926j:plain

目次

ホテルのラウンジをめぐる企画第2?第3弾

f:id:Solarismile:20180508215522j:plain

先日はランドマークタワーにある横浜ロイヤルパークホテルに
宿泊し、ラウンジ体験をご紹介しました。

今回はこれまで注目していたのですが、諸事情により行けなかった
ホテル、ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクションの
滞在記となります。

このホテル、どの旅行サイトを見ても高評価なんです。

f:id:Solarismile:20180508215116p:plain

f:id:Solarismile:20180508215156p:plain

f:id:Solarismile:20180508215240p:plain

ずっと気になってました。行ってみて色々わかったこと感じたことを
レポートしていきたいと思います。

リーマンの同志たちに贈る会社帰りに、
用もなくホテルにお泊りしてのんびりするという
贅沢なライフもお勧めしていきたいと思います。

アクセス

f:id:Solarismile:20180508215432p:plain

今日の舞台は、JR品川駅高輪口より徒歩3分ほどのところにある
プリンスグループホテルの縄張りの一角。
送迎バスも出ていますが、歩いてもよいと思います。

【ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクション(長い)】
西武のプリンス系列のホテルで、マリオットグループ系列でもある謎のホテル。

何故こんなことになってるのか不思議だったのでWikiってみました。

・元々は「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業。
・改装に伴い「オートグラフコレクション」に加盟

・オートグラフ・コレクション・ホテルズ
 特定のブランドの傘下に入らず、個々の名称で
 運営される高級ホテルブランド。

 本体とホテルは西武系列のプリンスだけど、オートグラフに加盟
 しているのでこういった不思議が起こるのですね。

ちなみに、マリオットリワードとプリンスのステータス。
どちらが優遇されるのかは気になるところですよね。
フロントで色々教えてもらいましたので、後半で記述していきます。

早速チェックインから

f:id:Solarismile:20180508215603j:plain

この図、好きですねぇ。この時点で高級というより洗練されている
印象をうけました。女性二名のドアマンが傘をもって出迎えてくれます。
なんか、すごく印象がいいです。リッツカールトンのドアマン2名が
写っているプロモ用画像は皆さんご存知だと思いますが・・・

タクシー乗り場のすぐそばに、このホテルのドアマンがお出迎えしてくれます。
格好が、かっこいい!リッツドアマンの女性版・・・みたいなおしゃれな
服装で出迎えてくれました。

ドアマンはホテルの顔で、一番最初にそのホテルの印象を付ける役割を
持っているので、満面の笑顔で迎えてくれるとすごく気分もよく
良い印象を受けます。

f:id:Solarismile:20180508215650j:plain

f:id:Solarismile:20180508221216j:plain

挙動不審な人物になりながら写真を撮りつつチェックイン。
ゴールド会員と気づくや、こちらからは見えない何かで合図をして
別の人がおしぼりを持ってきてくれました。

周りの方にそのようなサービスはしていなかったので
マリオットゴールドエリートの恩恵と言ってよさそうです。

エグゼクティブラウンジの案内と、部屋のアップグレードを告げられました
「さくらホテルさま、ありがとうございますorz」

f:id:Solarismile:20180508221249j:plain

大阪や函館で食らった待遇(本当にゴールドですか?を怪しむ)より
はるかに【人の質】が高い。
更に、「お部屋までご案内いたしましょうか」と来たものです。
(たかだかクレカ特典で成り上がったゴールド民族に・・・と頭が下がる思いです。)

遅いチェックイン(仕事帰り)時間でしたので
すでにカクテルアワーを迎えておりました。
1Fのエグゼクティブラウンジに立ち寄ってから部屋へ行きたかったので
申し出をありがたくもお断りし、ラウンジへ。

エグゼクティブラウンジ

f:id:Solarismile:20180508215745j:plain

ラウンジ専用のカードキーがあるのでそちらをかざして入ります。

f:id:Solarismile:20180508220306j:plain

f:id:Solarismile:20180508215912j:plain

f:id:Solarismile:20180508215922j:plain

いい時間帯でしたので、結構混雑していました。
服装はピンキリです、堅苦しい格好である必要はありません。
仕事帰りの私の格好がジャケパンでしたが、結構浮いてました(汗

f:id:Solarismile:20180508215937j:plain

簡単なおつまみ。横浜ベイシェラトンと同じぐらいの質・量でしょうか。
横浜ロイヤルパークはそもそも食事がオードブルセットでしか
提供を受けていないので比較外です。
コートヤードバイマリオット新大阪との比較だと「たこやきと串物」の
破壊力次第ですが、いい勝負かと思います。ただ有象無象感が新大阪は
強かったのでこちらのさくらホテルのほうに軍配は上がります。

f:id:Solarismile:20180508215959j:plain

f:id:Solarismile:20180508220018j:plain

色々大変らしく営業さんが頑張っていると言う噂のシーバス12年(安)が
ありましたので、そちらでハイボールを作ります。
しかし、マドラーが見当たらなく・・・。
スタッフのお姉さんに聞いてみると探しに行ってくれました。
(無いなら適当にやるので大丈夫です、っと一言)
『ベテランのスタッフ』さんがいらして
「今ないので、代わりにこれを!!」と『2本のスプーン』を出してきました。

(むむむ!!やりおるわ!)・・・機転の利かせ方が面白いと思いました。
アハハオホホでなぜか盛り上がってしまいました。(反省

f:id:Solarismile:20180508220110j:plain

なんだか、おしゃれな食べ物が多いですね。

f:id:Solarismile:20180508220121j:plain

この辺りも、女性に圧倒的な人気を誇るといわれるゆえんでしょうか。

f:id:Solarismile:20180508220136j:plain

口でうまく言えないのですが、私よりもホテル慣れしている方が来たら
恐らく、「そういうことか」とお判りいただけると思います。
なぜか、女性に”合う”ホテル、という雰囲気・印象を受けます。

それはさておき、空腹の私はとりあえずあるものはいただかねば・・・
と一人でオードブルを制覇していました。

ひと段落し、ここのプレゼンテーションカードを眺めていたら
横浜ロイヤルパークのようにサウナ&ブロアがあり、自由に使えるようです。
部屋を堪能した後、早速行ってみたいと思います。

デラックス,ゲストルーム

f:id:Solarismile:20180508220214j:plain

12階の「サウスサイドデラックスキング」約2000円Upのお部屋に
アサインしていただきました。
公式サイトに載っているお値段ですと、66,528円!!(実料金と異なる

凄く広く感じます!キングベッドも大きい!!
46.07平米なので、コートヤードバイマリオット新大阪より広いです。

f:id:Solarismile:20180508222938j:plain

横浜ベイシェラトンに宿泊した「クラブデラックスツインが46㎡」なので
同じぐらいの広さのハズですが、きっとベッドが一つなので広く見えるのですね。

f:id:Solarismile:20180508220402j:plain

f:id:Solarismile:20180508220342j:plain

f:id:Solarismile:20180508220353j:plain

f:id:Solarismile:20180508220426j:plain

お水は二本用意されていました。

f:id:Solarismile:20180508220435j:plain

明日のお天気と雨だからチョコレートあげるよと差し入れ。

f:id:Solarismile:20180508220455j:plain

f:id:Solarismile:20180508220526j:plain

f:id:Solarismile:20180508220543j:plain

プリンス独自のアメニティでしょうか、これはいわゆる量産型ですね。
シェラトンのに似ていますが、物はあちらの方がよさそうです。

f:id:Solarismile:20180508221424j:plain

格安時に楽天などを利用して泊まれば、1万ちょっとでこれを体験
できるのですから、凄くいいと思います。

さて、早速サウナに行って汗を流そうかと思います。

サウナスパ

f:id:Solarismile:20180508220617j:plain

地下1Fにあるフィットネス。
サウナ&ブロアバスの利用はジムの受付で行います。

f:id:Solarismile:20180508220628j:plain

※ちなみにジムは広く、Tシャツや靴などは貸出ができるようです。
 広さはシェラトン<ロイヤルパーク<<さくらタワー というサイズ感。

f:id:Solarismile:20180508220642j:plain

バスローブや部屋着でお風呂までこれる(エレベーターには乗りますが)ので
楽ちんです。

受付で名前と部屋番号を記載し、お風呂のロッカーカードをもらって
いざお風呂へ突入。(バスタオル・ハンドタオルは用意されています)

f:id:Solarismile:20180508220709j:plain

f:id:Solarismile:20180508220725j:plain

f:id:Solarismile:20180508220736j:plain

広々としたお風呂で開放感があります。
写真は無いのですが初【ミストサウナ】を体験。
なにこれ新鮮感覚(砂漠で熱帯雨林のスコールを浴びている気分)で
とてもお勧めです!!

f:id:Solarismile:20180508223235j:plain

f:id:Solarismile:20180508223256j:plain

お風呂後はこちらでぐったりしておりました。

SPA(ここではアロマテラピー等のマッサージ)は奥にありましたのでご利用された方はぜひ!ブログアップお願いします。

部屋に戻ってきて、お酒を求めバーへ。
エグゼクティブラウンジのカクテルアワーが21:30までで
丁度終わるところであったため、その反対側にあるレストランへ。
バーというよりおしゃれなレストラン。

レストランCiliegio

f:id:Solarismile:20180508220849j:plain

f:id:Solarismile:20180508221520j:plain

一人で飲み物だけの利用を告げると快くOKいただき、案内してくれました。

f:id:Solarismile:20180508220911j:plain

白州のハイボールとマティーニをいただきます。
最近お酒に強くなってしまったのかハイボールだとあまり酔えず。
マティーニを久しぶりにいただきましたが
「こんな味だっけ?」と困惑。私もまだまだおこちゃまです。

22:30までレストランに一人でおこもりしてメールやら
ブログやらをカタカタ。

最近ブログを書く時間が取れず・・・
私のプライオリティは【読書>ブログ】なので、
日々時間がないときは本を読んで終わってしまいます。

とはいえ、ホテルラウンジめぐりの中でお酒を飲みながら
バーでブログを書くという贅沢な環境は、いいストレス解消になります。

f:id:Solarismile:20180508223159j:plain

みなさまのブログを拝見していると開設1年などの記事を挙げられています。
本当に尊敬します・・・しかも圧倒的な支持率やPv。
記事も拝読させていただいても面白いし、役に立つし・・・。
色々勉強されているんだろうな・・・と指をくわえてみています。
私も面白い役立ちブログを提供できたらと思います。

さて酔っぱらいながらブログを書いていると余計なことを書いてしまいます。
さっさと部屋へ戻ってほかの記事も書きつつ、本を読んで寝ます。
朝サウナと朝ラウンジ食に注目していきたいと思います。
※結局2時半まで読書して撃沈。

エグゼクティブラウンジでの朝食

f:id:Solarismile:20180508220938j:plain

朝からサウナでデトックス効果を堪能。
ビーチベッドから見える外の木々の景色をぼーっと眺める朝。
お腹がすいてきたので朝食へ向かいます。

f:id:Solarismile:20180508221007j:plain

f:id:Solarismile:20180508221017j:plain

f:id:Solarismile:20180508221028j:plain

f:id:Solarismile:20180508221039j:plain

f:id:Solarismile:20180508221052j:plain

ラウンジの朝食としては、横浜ベイシェラトンより少し上かもしれません。
コンチネンタル・アメリカンと和食、洋食(パン・シリアル)双方で
充実しております。
ただ、シェフは厨房にいるのでオムレツやスクランブルエッグを
その場で作ってくれるようなサービスはありません。

f:id:Solarismile:20180508221102j:plain

品数だと、横浜ロイヤルパークホテルよりもある印象です。

f:id:Solarismile:20180508221115j:plain

コートヤード新大阪のラウンジ朝食よりは上です。
新大阪の朝食はレストランで食べることをお勧めします。

しかし、ラウンジ以外での朝食になるとコートヤードバイマリオット新大阪より
フォーポイントバイシェラトン函館の方が充実しており、しかもおいしい印象です。

ラウンジでの朝食は雰囲気込み
コートヤード新大阪<横浜ロイヤルパーク≦さくらホテル≠横浜ベイシェラトン

レストランでの朝食は雰囲気込み
コートヤード新大阪<フォーポイントバイシェラトン函館
部屋へ戻り、ブログの仕上げ。
チェックアウトは、12時なのでのんびりです。

f:id:Solarismile:20180508222109j:plain

チェックアウト前にお茶をいただきのんびりさせていただきました。

今回の宿泊費用、ホテルのお値段

モッピーからのポイント獲得を狙うため、レギュラーレートでの予約です。
デラックス、ゲストルーム 23,000円(諸税込み25,040円)が
ルームアップグレードにより
サウスサイド・デラックス キング 25,500円(諸税込み27,740円) に。

さらに、本日はベストレートが適用され18,563円(諸税込み22,252円)
なりましたので約5,000円ほどお得に宿泊できました。

プリンスクラブとマリオットのステータス

f:id:Solarismile:20180417234752j:plain

気になるのが、プリンスクラブのステータスとマリオットリワードを
併せ持っていた場合、どちらがどうなるのか・・・という点。

基本的には・・・
・ホテルを予約する際に申し込んだ方のサイトのステータスが優先される

 とのことですが、こんな技があるそうです。
・ステータスの高い方が選ばれていない場合フロントで切り替えが可能
・更にプリンスポイントとマリオットポイントに関しては
 好きな方に着けてもらうこともできる。
・さらにさらに、申し出があれば・・・両方に平均的にポイントを割り振って
 もらうことも可能だという!なんて器用な!!

地味に盛り上がりを見せている「プリンスクラブ」ですが、そちらのポイントでも交換ポイント数:12,000からこちらのホテルを利用できるようです。(2018/05/08確認)

SPG・マリオットプログラム統合の影響

f:id:Solarismile:20180417234711j:plain

 例のリワード改悪によって、この先ゴールドエリートでは
 ラウンジ利用ができなくなることを考えると、
 今のうちだと思います!8月までにぜひご利用を!

 会員ではないよくわからない人は、たまに楽天トラベルや一休などで
 安価で出てくるのでそれをGetするのが得策かと思います!
 
 プログラム統合後は、止まるとしたら高めのお値段で
 利用することになるかな・・・と思っています。
 10~15万払ってプラチナチャレンジをしてそれからラウンジ利用や朝食を・・・
 という利用は私はしないと思っています。

まとめ

f:id:Solarismile:20180508222154j:plain

・高級、低級とは別のベクトル「上品・上質」そんな印象をうけたホテル。
 ※私のような庶民レベルの目線ですので程度はお察しください。
・スタッフの質がいい(ラウンジのスタッフはもう少し笑顔が必要。
・エグゼクティブラウンジも過ごしやすい。
・女性におすすめ!!私は男性ですが、洗練されてて綺麗で過ごしやすい。
 たまの贅沢にうってつけ。
・横浜ロイヤルパークは、カップルお勧めでしたが、ここは女性一人または
 女性同士の訪問がおすすめかも。
・次回はジム装備でレイトチェックアウトを堪能したい。

チェックアウトの際に、
・次回のレイトチェックアウトを勧めてくれたこと 
・車(タクシー等)の手配の必要性を確認してくれたこと
・フロントの方が皆(6名ほどが)挨拶をしてくださったのは印象的。

これは気配りとして◎、これまでのホテルではありませんでした。
正直、また来たいと思いました。

f:id:Solarismile:20180508222318j:plain

カッコいい格好をした女性のドアマンにも見送りの声を掛けられ
久しぶりに気分の良いチェックアウトが体験できました。

「大和なでしこ」という言葉をイメージさせるホテルでした。

8月前に、もう一泊したい!!

 

「ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクション」
お世話になりました!