マイルで行こう!

ANA・JALマイルを貯める陸マイラー活動を細々と行いつつ、小旅行やホテル巡り、クレジットカードやカメラなど気になるものにチャレンジして情報を発信していくブログです。

マリオット プラチナチャレンジ考察

f:id:Solarismile:20180206230957j:plain

はじめに

今年、プラチナチャレンジを実施しようと画策を始めたのですが
調べていくうちに、メリット・デメリットが見え始まり
また、不穏な情報やそもそもの価値が自身に合うのか、など
これまで周囲の勢いに流される形でここまで来てしまったので
あえて考える機会として、自身向けにまとめてみました。

★先にお断りしておきます★

【マリオットプラチナチャレンジは宿泊を楽しみながらするもの!】と
ポジティブな考えができる方は読まない事をお勧めします。

 

マリオットプラチナチャレンジとは

名前の通り、マリオットの会員(リワード)ステータスを「プラチナ」に
することができるチャレンジです。
プラチナチャレンジにはゴールドのステータスが必要ですが、
昨今大人気のSPGカード(スターウッド・プリファード・ゲスト)があれば
SPGゴールドプリファードステータスになることが出来、
マリオットとSPGアカウントをリンクすることでマリオットのゴールドエリートにも
なることができます
マリオットのサービスデスクへ連絡、またはメールでの申し込みを行い
3か月+申し込み月の端数(最近情報が変わっている?)内で9滞在すれば、
マリオットのプラチナエリートになれます。
※チャレンジをしない場合、本来なら1年に75泊が必要です。

 

実はチャレンジするつもりで半分までホテルを予約していた件

2018年夏にプラチナチャレンジを完了させるプランで予約を進めていました。
この時期を選んだ理由の一つは、消化を主に行うモクシーの料金が
1月末時点で確認したところ最も安かったのが6月。
次いで、利用を予定している上位ホテルプリンスと東京マリオットの価格が
安価であったのが5月、7月。
コートヤード東京ステーションはおまけのようなものですが安価に収まる値段でした。東京で安価に済ませつつ、少しだけ上品をたしなめることができる
プランを選択してみました。


▼これが現在の予約状況。

1 5月 【予約済】プリンス
2 錦糸町モクシー
3 【予約済】コートヤード東京ステーション
4 6月 錦糸町モクシー
5 錦糸町モクシー
6 錦糸町モクシー
7 錦糸町モクシー
8 7月 【予約済】プリンス
9 【予約済】マリオット東京

あとはモクシーの予約をすれば9滞在の予約が完了するところまできています。
総費用は、約15万(諸税込み)。
消費税のほかにランクの高いホテルは「手数料」がかなりかかることが盲点でした。
また、モッピーやハピタスを通じて申し込み、ポイントサイトのポイントも
獲得するためには、リワードレート、会員割引等が適用されていないレート
予約する必要があるため、レギュラーレートでの予約で高額となりました。
※以前コートヤード新大阪の予約を行ったが、上記が理由でポイントサイトから
 蹴られた苦い過去が。
※当初の予定は10万程度で抑える予定が、5万ほど足が出る形に。

プラチナチャレンジを行うべきか否か

f:id:Solarismile:20180124212532j:plain

現状のメリットからの考察

◇マリオットリワード

f:id:Solarismile:20180207003659j:plain

マリオットのゴールドエリートは恩恵が大きくそれだけでも満足できる
 ※空き室があればアップグレード、ラウンジの利用 等 


・プラチナでこそリッツカールトンなどでのアップグレードも期待できるが、
 あくまで期待であり、事実【特に何も無かった】という報告もある。

 

◇SPGプリファード

f:id:Solarismile:20180207003939j:plain

・なぜマリオットのステータスをプラチナにする必要があるのか。
 そのメリットはSPGプリファードステータスがプラチナになること。
 SPGプラチナプリファードになることでSPG系列ホテルでの
 空いていればスイートエリアを含むアップグレードやクラブラウンジの
 利用が可能となる。
 ※ゴールドプリファードではラウンジの利用ができない。

今後の背景からの考察

・既に、今からでは2018年2月中にプラチナチャレンジを完了させ
 2020年2月までプラチナを維持させるプランはSFCを
 走らせているため残り一ヵ月での達成は厳しい。コストもあがってしまう。


・更に、ここにきて3月以降のマリオットプラチナチャレンジの行方が
 怪しいとの情報もある。マリオットへの問い合わせも返事が帰ってこない。


・来年の統合により、プラチナチャレンジなどがどうなるかわからない
 ⇒2月までに完了させられるのであればプラチナを経験できるという
  メリットはある。
  ただし今からの場合、今後が不透明過ぎてリスクのほうが大きいと感じる。

 

考え方の問題

 ・マリオットホテルの滞在自体を楽しむことを目的にすれば、
   かけた費用は【コスト】の概念から離れていく。


 ・SPGプラチナプリファードを目的にするのであれば、 
     プラチナチャレンジは達成のための方法になり【コスト】としての概念が
   強くなる。

  私の場合、後者にあたるのでプラチナチャレンジの【コスト】の概念に
  当てはまってしまう。また仕事柄、かけた【コスト】分は回収するという、
  マインドが働いてしまう。

 

プラチナチャレンジの先にあるものは・・・ 

①SPGプラチナプリファードになり、アップグレードやラウンジを利用しながら 
 翌々年のステータス維持のため、プラチナ獲得の翌年、SPGプラチナ修行  
 (3か月で18泊)を約30万近い価格で行うこと。(自身、最初はこの計画だった) 


②それに興味が無ければ、マリオットプラチナチャレンジにかけた【コスト】を 
 SPGホテル利用で回収すること。
 ここで気になる【コスト】は、マリオットプラチナチャレンジ費用をさすが、 
 最低でも9万前後(モクシー試算の場合)、自分で組んだプランの場合 
 15万円相当が必要となる。

    宿泊ホテル 諸税抜き 諸税込
1 5月 プリンス ¥22,800 ¥28,712
2 錦糸町モクシー ¥9,200 ¥11,500
3 コートヤード東京ステーション ¥14,700 ¥20,396
4 6月 錦糸町モクシー ¥8,360 ¥10,450
5 錦糸町モクシー ¥8,360 ¥10,450
6 錦糸町モクシー ¥8,360 ¥10,450
7 錦糸町モクシー ¥8,360 ¥10,450
8 7月 プリンス ¥21,800 ¥27,250
9 マリオット東京 ¥19,238 ¥19,965
      ¥121,178 ¥149,623

※マリオット東京に関してはベストレート申請認可済

15万あれば、SPG系列ホテルのクラブフロア全国制覇でも目指さない限り
自分の泊まりたいホテルに余裕で泊まれてしまうという点。
この時点で、私自身プラチナチャレンジの挑戦意欲に揺らぎが生じている。

考え方の問題で前者①に当てはまる場合、マリオットホテルを9滞在するだけで
特典としてプラチナステータスがもらえるという感覚になるので非常に
お得な印象を受けるはず。こちらのマインドを持っている方は正直うらやましい・・・。

では、15万円をかけてマリオットプラチナチャレンジを達成した翌年に、
翌々年に向けたSPGプラチナチャレンジを達成するには、いくらかかるのか。
「海外などの格安ホテル」や「家族宿泊などでのカウントを増やす」やり方を
除くと約30万近くかかる。
もっとも、休みが自在にとれて海外へ飛び様々なホテルを堪能できる方には、
マイルなどを合わせて利用することで安価に抑えてコストの回収が
できるのかもしれない。

 

私の場合、マイルで飛べても、長期の休みが取れないという問題もある。
改めて、プラチナチャレンジコスト【15万円】と翌年に行う
SPGチャレンジコスト【30万円】を足した合計45万円。
これだけあれば、そもそもスイートだろうがなんだろうが泊まりたいホテルに
泊まれるのではないかという考えがよぎってしまう。
ここまで来ると後は何を求めるかにもよるが、ベイシェラトンで行ったように

13,000円+2500スターポイントでクラブラウンジを利用してもよいと思う。
では、プラチナチャレンジにかけたコスト【15万円】だけでも
SPGプラチナプリファード状態で回収しようとした場合を考えてみる。
宿泊したいホテルはどうせならと自ずと「クラブフロア(ラウンジのある)」があるホテルを選ぶようになってくる。
一番安価な部屋の価格と当日のクラブフロアまたはエグゼクティブラウンジの
アクセス権のあるルーム価格との差を回収コストとして計算してみる。

 

▼下記はSPG系列、ラウンジ又はそれに相当するを有するホテル

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクション
セントレジスホテル大阪
ウェスティンホテル東京
ウェスティンホテル仙台
ウェスティンホテル大阪
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
横浜ベイシェラトン ホテル&タワー
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
シェラトングランドホテル広島
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
シェラトン都ホテル東京
シェラトン都ホテル大阪

この中でも自身の泊まりたいホテルを選定する
外せないのが、「ウェスティン」「ザ・プリンス」人によっては
「セントレジス」等を候補に入れると思われる。

ウェスティンホテル仙台
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
ウェスティンホテル東京
ウェスティンホテル大阪
シェラトン都ホテル東京
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町 ラグジュアリーコレクション

上記ホテルで10月の土日泊で検索してみた。

10月宿泊ホテルを1泊ずつ消化した場合 諸税込み
最安値ルーム
クラブフロア料金
諸税込み
差額
ウェスティンホテル仙台 ¥16,064 ¥30,003 ¥13,939
神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ ¥35,600 ¥52,500 ¥16,900
ウェスティンホテル東京 ¥34,850 ¥43,350 ¥8,500
ウェスティンホテル大阪 ¥37,952 ¥50,065 ¥12,113
シェラトン都ホテル東京 ¥27,286 ¥30,898 ¥3,612
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ ¥40,375 ¥53,295 ¥12,920
ザ・プリンスギャラリー ¥71,302 ¥79,202 ¥7,900
  ¥263,429 ¥339,313 ¥75,884

宿泊費用26万円ほどで7.5万円分の回収となる。

しかし、回収コストは想定の半分・・・更に宿泊ホテルを足してみる

10月宿泊ホテルを1泊ずつ消化した場合 諸税込み
最安値ルーム
クラブフロア料金
諸税込み
差額
シェラトン都ホテル大阪 ¥23,512 ¥39,900 ¥16,388
シェラトングランドホテル広島 ¥25,270 ¥32,986 ¥7,716
オーシャンリゾート ¥24,225 ¥44,460 ¥20,235
シェラトン沖縄サンマリーナリゾート ¥24,548 ¥59,204 ¥34,656
  ¥97,555 ¥176,550 ¥78,995

ここまで宿泊して、かけた宿泊費36万円差額回収コストは合計15万円になり、

ようやくプラチナチャレンジ分のコストを回収できることになる。
【コスト】の概念でプラチナチャレンジを行った場合、
プラチナになるまでのコスト15万円。
それを回収するためのコスト36万円(※1)が必要となる。
出費だけで考えれば、2年で51万円になる。コスト回収のために宿泊コストを支払うという・・・なんという・・・。
※1・・・SPGチャレンジをするのに必要なコストを越える

 

年に何泊できるのか問題もあるが、ラグジュアリークラスの
エグゼクティブフロアなど、余裕で宿泊できてしまう。
普通にいいホテル泊まろうかな・・・と今ここまで来ている私の考え方。
もっとも、スイートへのアップグレードなどにHITすればあっさりと
コスト回収もできてしまうと思うが、それも空き室次第、運次第
インターコンチネンタルアンバサダーとは異なり、こちらのアップグレードの難点は、確約されないことにあると思う。

 

獲得できる予定のポイントの評価も加味してみる

f:id:Solarismile:20180124222133j:plain

価値からみると9滞在の予約をポイントサイトを経由し行うと
・モッピーの場合(4.6%還元):6,894Pt
・マリオットPt(約16%還元):23,940Pt
・SPGポイント        :2,992Pt(カード決済)

これだけのポイント獲得となり、円換算すると
・モッピーポイント円価値:¥24,128相当
 マリオットポイント円価値:¥49,874相当
 SPGポイント円価値 :¥18,703相当


獲得したポイントは、合計92,706円相当となり
マリオットプラチナチャレンジコスト15万円から差し引くと約5.5万円で
チャレンジが達成できると考えることもできる。
この相殺の考え方のほうが、コスト概念を持った人には良いのかもしれない。


が、私の場合どうしても結局ポイントは「ポイント」で現金価値換算をしないので
この考え方がしっくりきません。SPGホテルでのインスタントアワードを
使った時もそうでしたがアップグレードに使用した+2500ポイントを
現金としてみて相殺するか、おまけのポイントと見るかの違いだと思います。

 

終着点

f:id:Solarismile:20180124222146j:plain

先に述べていますが
【マリオットプラチナチャレンジは宿泊を楽しみながらするもの!】という
考えのもとであれば、これらの考えなど不要の産物。むしろ9滞在でプラチナになれるのですから非常にお得だと思います!
割り切ってエンジョイするのは大いに【アリ】

 

コストを支払う価値はあるのか、また何を対価(目的)にするのか・・・。

マリオットホテルを主体に泊まるのではなく、目的をSPGプラチナプリファードになって安価にSPG系ホテルのラウンジ巡りをするのであれば、クラブフロア料金を支払って泊まりたいホテルだけに泊まった方が安く上がるのでは・・・と思いました。


結論としては、私はマリオットプラチナチャレンジは見送る形になると思います。
このまま年内はSPG系も含め、デラックス(アッパー)クラスのホテルクラブフロアを巡礼し、来年には海外またはラグジュアリークラスのラウンジを訪問したいと考えています。IHGやヒルトン、ハイアットなど色々なホテルを見たいと思います。もちろん!SPG・マリオットホテルにも宿泊します!

こんな感じで夏まで楽しもうかと思います。勿論、安価なタイミングを狙って、すべてクラブフロア探索!

1 4月 ロイヤルパークホテル
2 5月 プリンスパークタワー東京
3 6月 インターコンチネンタル
4 7月 マリオット東京

 

みなさんはプラチナチャレンジを行いますか?

 

 

 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中